ダイエット

〜ダイエット中の夏バテを予防する食材〜

パーソナルスタジオR-makeの詳細はこちらから

ホットペッパービューティーからのご予約も承っております☆←←

夏のダイエットは要注意

夏は、どうしても食欲が細くなり、麺類や清涼飲料水、アイスクリームなどの偏った食生活になりがち。

しかしその様な食生活で健康な体、心を維持出来るわけがありません。

特に体重を気にしてダイエットに取り組んでいる女性は夏バテ一直線。

軽い夏バテ程度ならまだしも、熱中症、摂食障害など命の危険の伴う病気にもなりかねません。

今回の記事では、そんな夏バテを防止に役立つ強い味方となる食材をご紹介します。

パーソナルスタジオR-makeのスタッフ紹介はこちらから

ビタミンB群を摂取し夏バテ知らずの体を作ろう

ビタミンB群の大きな役割りは糖質、脂質、タンパク質などの三大栄養素を効率よく消化、吸収する事が出来ます。

他にも嬉しい効果がたくさん!

ビタミンB1

ビタミンB1は高い疲労回復効果をもってぃす。

豚肉や豆腐、味噌といった大豆製品、玄米などに多く含まれています。

ビタミンC

抗ストレス作用、免疫力の強化などに効果を発揮。

色の濃い野菜、カラフルな野菜や柑橘系の果物に多く含まれます。

尚、ビタミンCは熱に大変弱いため、生で食べる事をオススメします。

ビタミンB群を多量に含む食材

うなぎ、豚レバーはビタミンB群の宝庫です。

様々なビタミンを豊富に含んでいますので、暑い夏に疲労を感じはじめたら是非食べていただきたい食材です。

ミネラルを意識して熱中症予防!

夏には、当然汗を多くかきます。

汗のほとんどは水分ですが、その中にはナトリウム、カリウムという私たちの生命維持に欠かせない物質も含まれています。

ナトリウムは、加工食品に多く含まれるため現代人の食生活の中で不足する事はあまりありません。

問題となるのはカリウムの不足。

カリウムは、神経や筋肉の働きを助けたり、細胞内の水分を調整に大きく関わりますので不足すると以下の様な症状を引き起こします。

・筋力の低下

・不安、イライラ、

・抑うつ、睡眠障害

・嘔吐、食欲不振

・筋肉のけいれん、麻痺

・便秘

これを防止するのに役立つカリウムを多く含む食材には、キュウリ、トマト、スイカ、海藻などがあります。

気づいた方も多いと思いますが夏野菜と言われるものが多いです。

つまり夏の旬の野菜を意識して食べるように心がけましょう。

プライベートスタジオR-makeの料金案内はこちらから

ご予約ご相談は
LINE@からが断然お得!簡単!

さらにLINE@ご登録で
体験レッスン¥1000割引 
毎月更新お得キャンペーン情報を
いち早くお知らせ致します。